FC2ブログ

札幌アップル発:婦人科医師のお話を

平成15年、札幌駅北口前の札幌エルプラザに開業しました。不妊治療をはじめ、思春期~更年期までの女性のサポート役としての産婦人科医師を目指しています。日々の婦人科診療の中で気がついたことや気軽な話題など書いてみたいと思います。

ビタミンは、体の調子を整えるのに欠かすことのできない栄養素です。市販やネットにてビタミンを服用している方が非常に多く、アップルで医薬品のビタミンを販売することにしました。
一番大切な安心と品質が保証されている医薬品を提供します。

例えばサントリーさんのマルチビタミン(1ヶ月分:1900円プラス税)の1日分の成分の量を比較します。クリック ⇒サントリーマルチビタミン
サントリーさんは他のミネラルも含まれていますが、この主要な成分であるビタミンを比較(医薬品ノイロビタン1錠とサントリー6錠)しますと、B1とVEでは25倍、B6は40倍、他も数倍もの含有量の差があります

 B1 B2 B6  B12 VC VE
 サントリー 6錠量 1.0mg 1.1mg 1.0mg 0.002mg 80mg 8mg
医薬品ノイロビタン1錠   25.0mg   2.5mg    40.0mg   0.025mg  200mg  200mg

これらの医薬品成分の一日量は、医療用としての用量以内で過剰ではありません。

次の3種類の医薬品を提供します。

■ノイロビタン(B1・B2・B6・B12)
■シナール(VC)
■ユベラN(VE)

1日1回3種類30日分 1500円(税込)(1日50円計算)

(1種類のみ、例えばシナールのみご希望の場合は1錠20円となります。)

芝 のコピー
起こさないでくだチャイ
更年期症状でお悩みでもホルモン療法に躊躇してしまう方・乳がんの治療後でホルモン療法が受けられない方の選択肢ができました。エクエルを飲むことで女性ホルモン(エストロゲン)様作用を持つエクオールを摂取したことになります。
equelle0601_17_2016070417252987b.jpg

■エクオールとは
20160704162814791_20160704172610923.jpg

■エクオールの4つの作用

1)エストロゲン様作用
更年期症状をやわらげる
メタボリックシンドロームの予防
(HbA1c・動脈硬化指数・悪玉コレステロールLDL値が低下する人がいることがわかってきました)
骨粗しょう症の予防と改善
肌への作用
koka-1.jpg

koka-2.jpg
2)抗酸化作用
シミの改善・美白
3)抗エストロゲン作用
乳がんの抑制
4)脱毛改善効果

■女性の味方「エクオール」

8b9249_92a50e5f75332d2dc94e330ef505695b_20160704164142068.jpg
大豆製品が体内に入って腸内細菌と出会ってエクオールになります。
このエクオールを作れる日本人は約50%です。
若い世代では、20〜30% と低くなっています。


equelle0601_13.jpg

自分がエクオールを作れているか尿検査で調べることができます。
ソイチェック

■アップルレディースクリニックでも販売します。
112粒(1日4粒目安・28日分) 4000円(税別)


Cx7VhDvWgAAI3Vg_20161125153532f03.jpg




今、飲んでいるサプリです。

サプリ のコピーハイチオール

“シミ飲んで治そうハイチオールC”って聞いたことあると思います。

【効能】
しみ・そばかす・日やけなどの色素沈着・全身倦怠 
・二日酔にきび・湿疹・じんましん・かぶれ・くすりまけ
とたくさんありますが、やはり二日酔という効果がうれしいです。

二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解を助け、無毒化するなどの働きがあるとされます。


若い頃、 飲み会 などの時は飲む前 にハイチオールを飲み、飲み終わって ハイチオールを飲んでいたものです。

何錠飲むのかは、どこまでどれだけ飲むか次第です。

お酒に弱い人間もこのハイチオールを飲むといつもよりすいすいと飲むことができます。

ただし、よく飲めるものだから、つい飲み過ぎてしまって、逆にひどい二日酔になってしまったことがありました。

女性にとってうれしいのは、ハイチオールの成分であるL-システィンは、メラニン色素をつくる酵素チロシナーゼの活性を抑制し、 メラニンそのものの生成を抑え、シミ、そばかすなどの予防になることだと思います。

また、メラニン色素の排出を促すよう働きかけるので、できてしまったシミにも効果をあらわすとされています。

しなーるシナール


はいち



ハイチオールにシナール(=ビタミンC)をいっしょにとると、ハイチオールCの完成です。
http://www.ssp.co.jp/hc/index.html

ビタミンCのすっぱさが好きなもので、顆粒を飲んでます。

あと二日酔には、ぬるめのアロマお風呂

天然のお塩(大さじ2)に、グレープフルーツ(数滴)とローズマリー(数滴)をよく混ぜ合わせて、ゆったりとした時間を過ごして下さい。

お塩の発汗作用と、精油の利尿作用とさわやかな香りが体内のアルコールを取り除いてくれる感じです。

休みでお布団の中で寝ていられるならいいのですが、お仕事などでどうしても早急に二日酔の症状をとりたいときなどは、なんといっても点滴 、時間がない方は注射が一番効果的です。

ソルマックなどのドリンクを飲めるならまだましで、無理に飲んだら吐いてしまいそうな状態。
思い出したくない。

そんな時は、一度試してみたらいいと思います。
にんにく点滴・ビタミンC点滴・肝臓強化点滴とあります。

ここで、もうひとつ美肌効果についてのお話。


はいどろきのん2日本で「美白」用の化粧品で使われている成分には、ビタミンC、コウジ酸、マグノリグナン、リノール酸S(リノレックスS)、ルシノール、アルブチン、プラセンタ、m-トラネキサム酸(これもそのうちにお話します)などがあります。
しかしながら欧米で美白(ブリーチ)といえば、ハイドロキノンが主流です。
ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニン色素の合成を阻止する働きのある成分。
肌の漂白剤とも言われる強力な作用を持っています。
日本では従来からクリニックで「シミ・ソバカス」等の治療で使われています。
アップルレディースクリニック製のものです。

酢今、飲んでいるもの。

無糖(ここが大切)の黒こうじもろみ酢です。

黒こうじ菌は、レモンなどの柑橘類や梅干しに含まれるクエン酸多く生成し、酒造りに最も大切なもろみを雑菌や腐敗から守る働きをします。

その働きにより、沖縄の高温の夏場でも泡盛を製造できるのです。

この黒こうじもろみ酢には、梅干しと同じクエン酸を主体に

必須アミノ酸を含む18種のアミノ酸が豊富に含まれています。

7月11日に書きました“すっぺ~クエン酸”も見て下さい。



このもろみ酢を

酒のつまみとして酢の物にいれる

一番簡単なのは、飲んでいるお酒に入れていっしょに飲む
ちょっとすっぱくなるのが隠し味?

本当にどれだけの効果があるのかは、飲んでる本人もよくわかりません。
比較検証のしようがない。



乳酸が筋肉にたまると肩こりや腰痛の原因

体外からクエン酸を摂取

乳酸を抑え、代謝が高められ疲労回復にもつながる  

だったらいいな~と思いつつ、あまり深く考えない 型人間です。

でも、酢をそのまま飲めますか?

酢フェチの方を除けば、ツ~ンときて飲めるないですよね。
こうした酢のほとんどが速醸酢なのです。
この対極にあるのが静置発酵の酢なのです。

静置発酵酢は、旨み成分が通常のお酢の10倍は含まれています。
だから、ツ~ンとはあまりきません。

なんて“うんちく”をたれても仕方ないので、実感を言えば

この酢をお酒に混ぜると悪酔いになることは少なく、翌日すっきりと目覚められます


まあ、そんな事とは関係なく

今日もきっと飲んでいることでしょう 

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット
前回は、コラーゲンやヒアルロン酸などのお話でしたが、今回は、サプリメントの摂取の仕方についてです。

女性で、サプリメントを常用されている方は多いと考えられます。

で、以外と知られていないのが、効果的なビタミン剤の飲み方なんです。

基本的に、ビタミンやミネラルは胃で活発に消化が行われている食事中や食後にすぐに飲むことがよいとされています。

ビタミンのうち、ビタミンB群やビタミンCは、水溶性ビタミンです。

この水溶性ビタミンの特徴は、3~4時間で体外に排泄されるということです。ですから1回にまとめて摂取するよりも何回かに分けて取ったほうがいいのです。特に、Cはすぐに尿に出てしまいます。尿をすると黄色になっていてわかりますよね。

これに対し、ビタミンA・D・E・K は脂溶性ビタミンです。

この特徴は、食物の脂肪分が消化される時に吸収されやすくなるのです。ですから脂溶性ビタミンを空腹時に摂取すると、吸収されずにそのまま体外に排出されることも考えられるのです。

これに対して、アミノ酸が配合されているサプリメント空腹時に摂取すると吸収はよくなります。
食前30分前か、食後2~3時間後に摂取することが望ましいのです。
なぜなら食事中にとると、植物に含まれるタンパク質が優先的に消化吸収されるので、アミノ酸が利用されにくくなる状態が考えられるからです。

従って、マルチビタミン剤は、水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがいっしょになっているものもありますので、簡単に全てのビタミンをとれますが、飲み方まで考えて作られているのかはわかりません。

一般に吸収率は起きて活動しているときより寝ている時のほうが約25%高くなると言われています。例えば風邪をひいたときなど、亜鉛やビタミンC、セレンなどは、夕食後や就寝前により多めに取ることで、その効果をより期待できると考えられます。

ただサプリメントは勿論補助的なもの、栄養満点の食事 と睡眠 が一番大切なことは言うまでもありません。