FC2ブログ

札幌アップル発:婦人科医師のお話を

平成15年、札幌駅北口前の札幌エルプラザに開業しました。不妊治療をはじめ、思春期~更年期までの女性のサポート役としての産婦人科医師を目指しています。日々の婦人科診療の中で気がついたことや気軽な話題など書いてみたいと思います。

アップルでは、緊急避妊ピル(ノルレボ or プラノバール)は簡単な問診のみでお渡ししています。お渡しする時に詳しい説明書もいっしょにお出ししてます。後で確認できて安心です。

img_1.jpg


服用に際して、よく聞かれることの一つとしては、飲んだ後の月経についてです。

緊急避妊ピル服用後の月経について

■緊急避妊ピル服用によって、体内のホルモン濃度が急激に上昇し、次いで急激に低下します。
この急激な低下により、早ければ3・4日後にいつもの月経よりも少量の形で消退出血があります。少量でも3日以上続けば月経と考えてほとんど大丈夫です。遅くとも3週間後までには月経の様な出血)が起きます。
これで緊急避妊は成功ということになります。

逆に言うと、3週間たっても月経が来なければ妊娠の可能性大ということです。
もしくは月経予定日を7日以上過ぎても月経が来ない場合はクリニック受診して下さい。

■出血が見られるまでの期間は、平均10日です。
また、緊急避妊から出血までの期間が短いと、出血量がごく少量の場合もあります。

■緊急避妊ピルによって来た月経後、次のサイクルでの排卵はいつになるか予測がつきません。
その後の月経が不順になることもあります。
ですから、出血が始まったら、低用量ピルを服用されることがベターと考えられます。
排卵も抑制され、月経も順調にくることが期待できます。

CXnEmfcU0AAIS0D.jpg


古くからあったオーソというピルが、ルナベルLDという名前で発売されていましたが、このジェネリックが発売されました。フリウェルです。

ジェネリックといえば価格が安い。
ルナベルLDは2420円に対してフリウエルは1370円で、保険適応の場合(この判断はドクター)はこの3割負担です。
かなりお得感があります。
プラス処方箋代と診察料金が加わります。

ただ、避妊目的での使用はできないことになっています。
あくまでも月経困難症の治療薬です。

他のピル紹介でも書きましたが、当院では喫煙者と40才以上の方には血栓症リスクが高いために処方しておりません。

NewImage.png
ネコのアンヨと注意報
CZFK1W1UAAEVruL-1.jpg



平成23年5月24日、新しい緊急避妊ピルが発売され名前は「ノルレボ」と言います。

72時間以内に2錠を1回だけの服用で済み、強い悪心嘔吐は少ないもしくは全くないようです。

ただ従来の緊急避妊ピルより非常に高いピル(薬自体の値段が高い)となっています。
自費診療ですので各クリニックで異なりますが、アップルでは1万3000円(税別)です。
従来の緊急避妊ピル(6000円税別)の約2倍ほどの価格です。

どちらの緊急避妊ピルも名前のとおり緊急的なものであって常用するものではありませんし妊娠阻止率も80~90%前後です。

この方法で避妊できなかった場合、一般の妊娠に比べて異所性(子宮外)妊娠になる可能性がわずかですが高くなります。

新しいタイプの緊急避妊ピルの登場がもう少しで発売される予定です。

緊急避妊法(Emergency Contraception:EC)として新たに承認された緊急避妊ピルであるLNG(レボノルゲストレル)の紹介です。
従来は、緊急避妊ピルを2錠を12時間あけて2回服用の必要がありました。

新しい緊急避妊ピルは、性交後72時間以内に2錠を1回服用することになります。

服用後の嘔吐はほとんどみられず、服用者の3.6%に悪心がみられたとの報告でした。
服用後2時間以内に嘔吐した場合は、ただちに2錠追加して服用とあります。
服用後、80%以上の女性が予定月経日の前または2日後以内に月経があり、95%が予定月経日の7日後以内に月経があるとのことです。
月経が予定より7日以上遅れたり、あるいは通常より軽い場合には、妊娠検査を受けることが勧められます。異所性妊娠の可能性もわずかにあります。
従来のピル同様、セント・ジョーンズ・ワート含有食品との併用は避妊効果を減弱させます。
最近、避妊に失敗して当院に受診される方が増えております。
緊急避妊という方法が知られてきたこと自体はいいことだと思います。
HP内にもあるのですが、ここでももう一度説明してみます。

この方法は、無防備な性交が行われてから

72時間以内に中用量ピルを2錠服用し、その12時間後にさらに2錠追加して服用する

というものです。

最初の服用は、早い方が避妊効果は高い結果がでています

妊娠を阻止できない確率は、10~数%程度です。仮に回避できない場合でも、胎児に悪影響はありません。

副作用は、悪心嘔吐や頭痛、めまい、乳房緊満感などです。ただし、長期に続くものではありませんのでご安心を。


この薬を服用したからといって、その後の妊娠の心配はないだろうという誤解を持たず、次の月経がくるまで必ず避妊はして下さい。この薬を飲んだからといって、すぐに月経は来ません。また予定された月経よりも1週間程度遅れたとしたら、妊娠の可能性を考えます。

間違って欲しくないことは、これはあくまで 緊急的な方法 であって、常用するものではありません。また、この方法で妊娠を阻止できなかった場合は、一般の妊娠に比べて子宮外妊娠の可能性は高いということを忘れないで下さい。

日本では、低用量ピルに抵抗感をもたれる方が多く、コンドームなど男性に依存する避妊が一般的です。
もし女性が主体的に避妊をと考えるのであれば、低用量ピルをお勧めします。

PCでのピル情報です。
http://www.alc8.com/pill/pill.html

携帯でのピル情報です。
携帯情報