FC2ブログ

札幌アップル発:婦人科医師のお話を

平成15年、札幌駅北口前の札幌エルプラザに開業しました。不妊治療をはじめ、思春期~更年期までの女性のサポート役としての産婦人科医師を目指しています。日々の婦人科診療の中で気がついたことや気軽な話題など書いてみたいと思います。

前回は、コラーゲンやヒアルロン酸などのお話でしたが、今回は、サプリメントの摂取の仕方についてです。

女性で、サプリメントを常用されている方は多いと考えられます。

で、以外と知られていないのが、効果的なビタミン剤の飲み方なんです。

基本的に、ビタミンやミネラルは胃で活発に消化が行われている食事中や食後にすぐに飲むことがよいとされています。

ビタミンのうち、ビタミンB群やビタミンCは、水溶性ビタミンです。

この水溶性ビタミンの特徴は、3~4時間で体外に排泄されるということです。ですから1回にまとめて摂取するよりも何回かに分けて取ったほうがいいのです。特に、Cはすぐに尿に出てしまいます。尿をすると黄色になっていてわかりますよね。

これに対し、ビタミンA・D・E・K は脂溶性ビタミンです。

この特徴は、食物の脂肪分が消化される時に吸収されやすくなるのです。ですから脂溶性ビタミンを空腹時に摂取すると、吸収されずにそのまま体外に排出されることも考えられるのです。

これに対して、アミノ酸が配合されているサプリメント空腹時に摂取すると吸収はよくなります。
食前30分前か、食後2~3時間後に摂取することが望ましいのです。
なぜなら食事中にとると、植物に含まれるタンパク質が優先的に消化吸収されるので、アミノ酸が利用されにくくなる状態が考えられるからです。

従って、マルチビタミン剤は、水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがいっしょになっているものもありますので、簡単に全てのビタミンをとれますが、飲み方まで考えて作られているのかはわかりません。

一般に吸収率は起きて活動しているときより寝ている時のほうが約25%高くなると言われています。例えば風邪をひいたときなど、亜鉛やビタミンC、セレンなどは、夕食後や就寝前により多めに取ることで、その効果をより期待できると考えられます。

ただサプリメントは勿論補助的なもの、栄養満点の食事 と睡眠 が一番大切なことは言うまでもありません。


アンチエイジングにコラーゲン!!

年を取るとともに身体や美貌が衰えていくのは当たり前のこと。
でも、でも、いつまでも若々しさを保っておきたいものですよね。 いつまでも若々しく、美しくありたいと 願う人々が多い今日、
「アンチエイジング」は注目を浴びている言葉です。 そして、その「アンチエイジング」に絶対欠かせないのは、「コラーゲン」なのです。 「コラーゲン」を知れば、5歳若返ると言われる程、私たちの体を支えてくれる大切な成分なのです。
あなたも、「コラーゲン」で見た目年齢5歳の若返りを実現してください。 コラーゲンを効果的に摂取する事で、老化現象といわれている大抵の症状を予防する事が可能です。

というような宣伝をよく見かけますが、
コラーゲンを飲んでも、皮膚に塗ってもお肌は潤いません

確かに皮膚に存在するコラーゲンには、弾力性や保湿性を維持する作用はあり、加齢による老化作用によってコラーゲンが少なくなり肌の潤いは低下することは事実です。

ここで理解して欲しい事は、コラーゲンはタンパク質の一種ということです。

タンパク質は、タンパク分解酵素の働きによってアミノ酸に分解され吸収されます。
ですから、例えばコラーゲンが豊富に含まれているというフカヒレをたくさんたべても吸収されるときには、分解されていてコラーゲンはどこにも 跡形もありません


またコラーゲンを皮膚に塗っても皮膚の内部にまで浸透しません。

コラーゲンの大きさは皮膚の表面に浸透できる大きさより大きいために皮膚の内部に入っていくことはできないのです。

ただコラーゲンが体によくないということではないのですが、普通に食事をしていればコラーゲンが多くても少なくても身体の中で調節して必要なだけのコラーゲンが作られるということです。

 注意すべきは、コラーゲンを飲んだり、塗ったりすることは皮膚にとってまったく無意味どころか有害になることがあります。

コラーゲン商品の詳しい原料と製造方法があきらかでないものが多く、有害な化学物質が使用されている可能性もあります。よく消費者としての目を持つことが大切だと思います。

 サプリメントのヒアルロン酸も同様で、飲んでも消化酵素で分解されてしまい、ヒアルロン酸が体内に吸収されることはありません
つまり肌によいということに直接にはつながりません。

ヒアルロン酸は、年齢とともに減少し、皮膚においては保湿性が低下するのでしわができやすくなります。これは老化現象のひとつですから
自然な体内変化です。自然な老化現象を危機的にとらえ、ヒアルロン酸を飲むだけでしわが少なくなるような美容効果を謳っているのです。

 ヒアルロン酸は外用、非経口で適切に使用する場合のみに安全に効果がでると考えられます。ただ自己注にてヒアルロン酸を注入するなどは絶対に避けてください。

 と今日は少し夢?を壊す話でした。

でも、効果のないものにお金を使うことはもったいないかも。

美味しいものを楽しく食べて入れば何も心配いらないとうことです。笑いじわの一つや二つなんてことではだめですか